2018年07月05日

カウフマン邸/落水荘


夜中にピッツバーグ入りして

睡眠2時間弱、日の出前に起きて

150km、約2時間かけて向かうは

住宅建築の最高傑作とも言われる

Fallingwater(落水荘)

近代建築の三大巨匠の一人

フランク・ロイド・ライトが晩年

再び表舞台へ復活を遂げた作品です。

62101.JPG

ビジターセンターを抜けて

山の中を進むと

62102.JPG

前日の大雨で増水した滝の上に

写真で見た傑作は佇んでいました

62103.JPG

有機的建築の理想を追求し

建築と自然が見事に調和しています

62104.JPG

リビングから川へ降りる階段

62105.JPG

ここからアインシュタインは

川へ飛び込んだとか・・・

落水荘を見るためだけに

1日を費やしてしまいますが

その価値は十二分にある最高傑作です



posted by 4runrun at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | shuppan

2018年07月03日

ファンズワース邸


近代建築の三大巨匠の一人、ミース。

神は細部に宿る

God is in the details

より少ないことは、より豊かなこと

Less is more

という言葉を残した建築家です

18061.JPG

蚊と戦いながら林の中を歩いて行くと

写真で見慣れたその名建築は

フォックス川のほとりに

ひっそりと佇んでいました

18062.JPG

四周をガラスで囲まれた内部には

キッチン、浴室、トイレを収めた

コア部分以外には何もない簡素な姿

18063.jpg

自然と融合したすばらしい建物でした

18064.JPG

洪水を考慮して高床式でつくられたのですが

これまで数回、大洪水で

床上浸水したとのこと

しっかりしたメンテナンスがあって

美しい名建築があり続けるのですね









posted by 4runrun at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | shuppan

2018年06月27日

シカゴ


近代高層ビル発祥の地、シカゴ。

ミレニアム・パークにある

クラウド・ゲートは

168枚のステンレス板を溶接して

つなぎ合わせ、十分に研磨して

表面には継ぎ目が見えない

IMG_4066.JPG

巨大な豆のよう

制作費は2300万ドルとか・・・

シカゴ市民1000人の顔が映し出される

クラウン・ファウンテンの前では

子供たちが

水遊びを楽しんでいました。

IMG_4065.JPG



posted by 4runrun at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | shuppan

2018年06月01日

ホテリ・アアルト


05301.JPG

リノベで誕生したホテリ・アアルト

秋山先生とのご縁で今回

益子先生から直接お話を聞く

機会をいただきました

既存の骨格をできるだけそのまま

生かそうとした結果

13の客室はすべて異なる間取りです

しかしどの部屋も居心地のよい

心安らぐ空間でした

05302.JPG

長く厳しい冬の北欧で生まれた

家具はどれも座り心地最高です

置いてある小物やすべてのものが

さりげなくこだわっていて

なんともいえない至福の時が流れます

料理やおもてなしもすばらしい。


翌日は築35年の山荘を改修した

アアルトロッジを見学

05303.JPG

川のせせらぎの音や鳥のさえずりを

聞きながら、ゆったりと時間が流れます

05304.JPG

リビング横のベッドのある小さな空間が

私のお気に入り

既存の骨格はそのままに

たくさんの制約を超えて再生した

空間はどれもたいへん魅力的でした

心安らぐ居場所

それが住まいの芯であり

取り組みの命題・・・

勉強になります



shuppan.jpg












posted by 4runrun at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | shuppan

2018年05月06日

スリル満点


久々の家族サービスで

フォレストアドベンチャー美里へ出発!

うちの女性陣は

こういうとき頼もしい限りです

minomusi.jpg

高さ13mの樹上からダイブしたり

turzan.jpg

ターザンになってみたり

ziptrip.jpg

ダム湖を見下ろしながら滑空したり

どれもスリル満点です

パパの威厳崩壊寸前です・・・

小学校4年生以上もしくは身長140cm以上の

条件はありますが

高所でスリルを味わいたい方には

おすすめです(要予約)

しかし、世のお父様方

くれぐれもお気をつけて・・・


shuppan.jpg



posted by 4runrun at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | shuppan