2012年11月15日

自然素材100%の左官壁材を見学


弊社ではすでに実績のあるシラス壁ですが
先日お施主様と一緒に工場見学に行ってきました

人工ではつくれない多孔質構造のシラスは 
その主成分が珪酸であり(除湿剤の主原料でもある)
優れた調湿機能を持ち シラスに含まれるアルミナは
ガスの吸着機能が高く シラス粒子中の空洞にニオイや
化学物質を吸着し 再放出しない特性があるそうです

はじめは 地元の塗壁材で何かいいものはないだろうか
と探している中で知ったシラス壁でしたが
こうして製造工程を見学したり、素材の説明を聞いたりして
改めて自然素材のもつ優位性を再確認しました

確かにコスト面や品質の均一性において 工業製品に劣りますが
自然素材へのニーズは今後ますます高まるのではないでしょうか

N様 赤ちゃんを連れての見学お疲れ様でした
住みごこちのよいおうちを一緒に創っていきましょうね。

sirasukabenuri.jpg

posted by 4runrun at 22:42| Comment(1) | 住まいづくり
この記事へのコメント
天井とお風呂、ウォークインクローゼットや収納以外の内壁全面をシラス壁に施工しました。
住み始めてから10ヶ月になります。
メーカー(高千穂シラス)が書いている特徴をもとに感想を書きます。

メーカー:ペットやタバコなど、室内にこもるイヤな臭いをすばやく消臭します。
感想:室内での焼肉は臭いが気になりますが、数時間後に臭いは無くなっています。室内でネコを飼っていますが臭いは感じません。来客の方がどう感じているかはわかりませんが(^_^;)

メーカー:室内の湿度をコントロール。冷暖房効率アップで光熱費を節減。
感想:梅雨時期の湿気や冬場の乾燥をコントールしていると思います。適度な湿度を保っています。
冷暖房効率は断熱材など他の要素も影響するのでシラス壁の効果であるかわかりませんが、真冬のこの時期(鹿児島県在住)、最高気温10℃の時で昼間の室温は18〜19℃(もちろん暖房無し)あるので昼間に暖房を使った事はほとんど無いですね。

メーカー:結露を抑えてカビやダニの発生を防ぎます。
感想:窓ガラスの結露はありますが壁の結露はもちろんありません。今のところカビは見られません。

メーカー:化学物質ゼロ、殺菌・空気清浄化作用で家族の健康を守ります。
感想:これは目に見えないし、このとおりなのでしょう。(^^)

メーカー:シラスならではの素材感が豊かな風合いを醸し出します。
感想:もちろんクロスとは全然違います。漆喰や珪藻土とも風合いが違うシラス独特のものがあります。
これから年数が経つにつれ少しずつ風合いも変わってくるかもしれませんが、それも良いのでは。

シラス壁にして一番良かったのは家族で塗った事ですかね。事前の準備は大変でしたが最高の家作りの記念になりました。
私はお薦めの内壁材です‼

Posted by jane at 2013年01月17日 13:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。